コズログ

コズァドットハテナァブログゥドットッッジェーピゥィー

Advanced Fractal Perlin Generatorのパラメータ

せこせこと調べたので、記録しておきます。

Feature Scale

地形の上に配置される自然物の密度の調整らしい。 山や谷の距離をあらわしていて、小さくすると急激に変化する地形になって、大きくするとフラットな(つまり特徴がない)地形になるらしい。

Basic Parameters

ノイズ(要するに山や谷になるデコボコ)の種類を選択できるらしい。

ある程度「Feature Scale」を中間くらいにしておくと、ノイズの特徴がわかりやすかったです。

Style

  • 「Basic」 普通のパーリンノイズ。
  • 「Ridged」 尾根や棘のように見えるノイズ。
  • 「Billowy」 Ridgedを反転したノイズで、Ridgedより落ち着いているけどゴツゴツしたノイズ。
  • 「Smooth Redged」 Reidgedの尖った部分を滑らかにしたノイズ。
  • 「Smooth Billowy」 Billowyを滑らかにしたノイズ。
  • Sharp Rigded」 Ridgedをよりシャープにしたノイズ。
  • Flat Middle」 あまり尖ってない滑らかなノイズ。
  • 「Terraced」 Flat Middleと同じくらいの中くらいの高さのノイズに、急激に降下したノイズが混ざっている感じ。段丘や高地などに使えそう。
  • 「Stephen’s Choice 1」 このソフトの作者がつくったノイズで、Feature Scaleを大きくするとRidgedのようなノイズ、小さくするとBillowyなノイズがになるらしい。(なぜか私は逆に見えるけど・・・。)

f:id:koztks:20170513001225p:plain

このような、現実離れした地形も・・・。

Octaves

フラクタル、つまり地形を生成するために使用されるノイズのレイヤ数らしい。

デフォルトでは自動だけど、低くすることで、単純で滑らか、そして計算が速くなるらしい。

小さくするとディティールが失われる。(Zbrushのサブディビジョンレベルみたいなやつと思っている。)

Persistence

レイヤーの重なり度合いの強さらしい。(なのでOctavesが1だと何も変化がおきないみたい。)

小さくすると滑らかになり、大きくするとディティールやスパイクが発生する。

正直、Octavesを調整するのと何が違いのかわからなかった・・・。

Octavesをautoで、Persistenceを操作してディティールの具合を決めたらいいんじゃないかと思った!

Persistenceを小さくして滑らかにするなら、Octavesを低く設定したほうが軽い気がする。

(余談ですけど、Persistenceって聞くと何かを永続化したくなりません?)

Elevation Center

地形の高さの調整。標高を変えることができるらしい。

Steepness

地形の険しさの調整。小さいと平坦で、大きいと険しくなるらしい。

Elevation Centerで大きい値を選択していると、Steepnessを大きくしても高さが頭打ちになるらしく、険しくならないどころか天井で平坦になるみたい。

Elevation Center を0mにして、Stepnessを1.0にすると、一部だけ急激に降下してる恐ろしい地形になる。(落ちたら絶対死ぬね!)

f:id:koztks:20170513001230p:plain

Random Seed

似たような地形をランダムで再生成してくれる。

気に入るまでポチる。